(東広島署)キャッシュカードを渡さないで! 〜警察官などを装うアポ電が連続発生しています〜

 4月16日、東広島市内で警察官などを名乗る不審電話(アポ電)が連続発生しています。
 アポ電の内容は、東広島警察署の警察官を装って、
● 詐欺グループを捕まえています。
● あなたの口座から現金が引き出されています。
● どこの銀行のキャッシュカードを使っていますか。
● カードを再発行する必要があります。
などというものです。
 
 犯人側は、話の中で言葉巧みに暗証番号を聞き出し、アポ電後に警察官を装う犯人(スーツ姿、カバン所持)が家に来てキャッシュカードをだまし取るもので、東広島市の他、県内各地でも連続発生しています。
 なお、犯人らは、被害者の面前で
● カードを使えなくする
などと言いい、
● ハサミで切断
しますが、カードは復元可能であり、現金を引き出されて被害に遭ってしまいます。

 今後も発生する可能性があるので、次のことに注意をしてください。
◎ 本当の警察や金融機関は、暗証番号を聞き出したりしません。
◎ 最初の段階で相手にせず電話を切り、すぐに警察に通報してください。
◎ 絶対に他人に暗証番号を教えたり、カードを渡さないでください。 
 

————
※会員情報の変更・退会はコチラ
anzen.police.pref.hiroshima.jp/hpmail/m/u/i/43671583956842925888595776fdb063

東広島警察署
082-422-0110