見守りねっとメルマガ【2020年4月24日号】-新型コロナウイルスに便乗した悪質商法にご注意!(速報第6弾)-

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 見守りねっとメルマガ 第341号(特別便)
      -2020年4月24日- 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

メルマガ会員の皆様へ

◆見守りネットでは今までも新型コロナウィルス便乗悪質商法を多数紹介してきました。今回は新型コロナ関連商法をまとめて紹介します。
高齢者等の消費者被害の防止、見守りにお役立てください。
◇「保健所の依頼で新型コロナウィルスの検査薬を特別に10万円で販売する」
◇市の対策室を名乗り、「助成金を3万円配ることになったので口座番号を教えてほしい」
◇「無料で検査をうけられる。マイナンバーが必要」
◇「水道管(下水道管)がコロナウィルスに汚染されているので除去(清掃)する」
◇「行政から委託を受けて消毒に回っている」
◇600円で3箱までマスクが買えるとメールが来たので注文するとマスク代金のほかに18万円引き出されていた。
◇厚生労働省を装い、「費用を肩代わりするので検査を受けるよう」に言われた。

◆消費者へのアドバイス
◇新型コロナウィルスが水道水に混ざっているなどの根拠のない話には絶対に耳を貸さない。
◇市役所などの行政機関の職員を名乗る怪しい連絡には反応しない。
◇キャッシュカード等を渡さない。また口座情報や暗証番号を教えない。
◇家の電話を留守電に設定し、相手を確認できてから出るようにする。

今後も現金10万円の一律給付をめぐり、詐欺や悪質商法などが予想されます。十分ご注意ください。

======================================================

新型コロナウイルスに便乗した悪質商法にご注意!(速報第6弾)

======================================================
2020年4月13日 独立行政法人国民生活センター 発表資料より

SNSの書き込みや広告で関心を惹き、不審な通販サイトへ誘導するという悪質な手口に関する相談が寄せられています。

【相談事例】
SNSに「使い捨てマスクが購入できる」という書き込みがあったので、記載されていたURLから通販サイトにアクセスし数種類のマスクを約4,000円で注文した。支払いはクレジットカード決済しか選択肢がなかったため、カード番号を含めた個人情報を入力した。申し込み直後に承諾通知がメールで届いたが、そこにはカード決済は不可と記載されていた。不審に思い、通販サイトの住所と連絡先をインターネットで検索したところ、当該通販サイトとは無関係と思われる業者名が表示された。クレジットカード会社へはカード番号変更の手続きを依頼するつもりだが、危険なサイトと思われ不安だ。
【消費者へのアドバイス】
◆フィッシングサイトの恐れもあり、氏名や住所、電話番号などの個人情報やクレジットカード番号を入力すると不正に取得される可能性があります。
◆SNSの書き込みや広告の内容を鵜呑みにせず、リンク先の通販サイトの表示や注文手続きに不審な点はないか慎重に確認しましょう。
◆もし不審なサイト上でクレジットカード番号を入力してしまった場合は早急にクレジットカード会社に連絡しましょう。
◆不審に思った場合や、トラブルにあった場合は、最寄りの消費生活センター等(消費者ホットライン188番)に相談しましょう。

詳しくは「見守りねっと」ウェブサイトをご覧ください。
www.shohinet-h.or.jp/news/202004_6/20200424_1

============================

身に覚えのない商品が届いたら

============================

【{新型コロナウイルス感染症に便乗した 身に覚えのない商品の送り付け】
      2020年4月15日 消費者庁発表資料より

(事例)
封筒に入った使い捨てマスク30枚が宅急便で届いた。家族も全く心当たりがない。 請求書は入っていないが、今後どうすればいいか。

(アドバイス)
◆送付された商品について、送り付けられる前に事業者からの電話連絡や売買契約の勧誘がなかったり、売買契約の締結をしていない場合は売買契約は成立していません。 お金を払ってはいけません。事業者に連絡する必要もありません。
◆商品の送付があった日から事業者による引取りがないまま14日間を 経過したときは、商品を自由に処分してかまいません。 その後の事業者による商品の引取りに応じる必要もありません。慌てて事業者に連絡したりせず、使用ぜずに保管し、14日間経ってから処分しましょう。
◆契約を申し込み商品が届いた場合でも、 契約書面を受け取ってから 8日以内であれば、 クーリング・オフができ ます。

★身に覚えのない商品が届いた場合はすぐ最寄りの消費生活センター(?188)に相談しましょう。

【代引きで身に覚えのない商品が届いたら】
     広島県生活センター発行 くらしのフレッシュ便 令和元年11月号より

(事例)
インターネット通販会社から私宛てに代引きで荷物が届いた。不在にしていたので、代わりに家族が代金約 3,000 円を支払い、荷物を受け取った。開封して内容を確認すると、全く注文した覚えのない商品だった。支払ってしまった代金を返金してほしい。

(アドバイス)
◆身に覚えのない商品が届いたら、宅配事業者に「受け取りません」と伝え、受け取りを拒否しましょう。また、家族の間でも、「誰が注文したか分からない商品は受け取らない」などのルールを決めておきましょう。
◆仮に商品を受け取ってしまっても、契約が成立していないので代金を支払う必要はありません。商品が「代引き」で届いて支払ってしまった場合は、早急に販売元・発送元に注文していない旨を伝えるとともに、返品・返金の交渉をしましょう。代引きではない場合、後日クレジットカード会社から請求があるおそれがあるため、カードの利用明細をこまめに確認し、不正な請求があった場合はカード会社に連絡しましょう。
◆海外から届いた商品の場合は、関税法上の問題になることがあるため、安易に返送しないようにしましょう。

詳しくは「見守りねっと」ウェブサイトをご覧ください。
www.shohinet-h.or.jp/news/202004_6/20200424_2

==============
 お知らせ
==============

◆「見守りねっと」は、こちらからご覧ください。 
  https://www.shohinet-h.or.jp/mimamori/

◆配信の解除はこちらから
 URL  https://www.shohinet-h.or.jp/mmout/
(リンク先が表示されない場合は、お電話でご連絡ください。)

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
特定非営利活動法人 消費者ネット広島
〒730-0017
広島市中区鉄砲町1番20号第3ウエノヤビル3階
TEL:082-962-6181 FAX:082-962-6182
MAIL info2@shohinet-h.or.jp
HP https://www.shohinet-h.or.jp/
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
※ 掲載記事・写真・図表などの複製、無断転載を禁止します。
ご利用をご希望の方は、ご連絡ください。
Copyright 特定非営利活動法人 消費者ネット広島 All rights reserved.