特別定額給付金の給付に便乗した特殊詐欺が発生

【要警戒!】
 5月13日、広島市内で、特別定額給付金の給付に便乗した特殊詐欺被害が発生しました。

【犯人がなりすました職業】
●●●●役所の職員
●●●●銀行の銀行員

【犯人からの電話の内容】
役所の職員
「コロナの助成金を振り込みます」
「どこの銀行を使っていますか」

銀行職員
「銀行口座が古いようなので口座番号を変えましょう」
「キャッシュカードを準備して待っていてください」
と電話がありました。

【その電話の後】
 銀行職員になりすました犯人が、家まで来ました。
そして、その犯人に、キャッシュカードを、だまし取られてしまいました。

【被害にあわないために】
 福山市内でも特殊詐欺のアポ電が連日かかってきています。
 あなたの自宅にも、このような電話がかかるかもしれませんが、特別定額給付金の給付手続きで、福山市役所の職員が電話をかけて口座番号、キャッシュカードの有無などを尋ねることは絶対にありません。
 また、市役所、金融機関、警察が給付金手続きのために通帳やキャッシュカードを預かりに行くことは絶対にありません。
 家族や知人にも注意を呼び掛けてください。
 このような電話がかかったら、すぐに電話を切り、市役所に確認したり、警察に通報しましょう。

————
※利用者情報の変更・解除はコチラ
service.sugumail.com/fukuyama-city/m/u/i/8f2fdcd4c7cd37479da3394aff44106d

福山市市民生活課
084−928−1077