【危険】詐欺師の巧妙な手口!

今日は、特殊詐欺犯人グループの巧妙な手口を紹介します。
犯人の手口を知って、被害を防ぎましょう。
離れて暮らすご家族にも、教えてあげてください。

【犯人は、金融機関にも電話している!】
犯人は、お客さんの家族を装って、金融機関の支店に電話をかけています。
そして、
「●●の息子ですが、担当者の名前を忘れたので、名前を教えてほしい。」
などと尋ねるのです。
こうした電話が、4月下旬ころから、県内の複数の金融機関にかかってきています。

【何のために?】
犯人は、実在する担当者の名前を聞き出し、特殊詐欺の電話をかける準備をしているのです。

【名前を聞き出した後・・・】
犯人は、その金融機関の担当者になりすまして、皆さんのお宅に電話をかけてくると思われます。
いつもの担当者と同じ名前を名乗られると、ついつい信用してしまうかもしれません。

【被害にあわないために】
〇自分だけは大丈夫、と思ってはいけません。
〇金融機関を名乗る電話には、これまで以上に警戒してください。
〇「キャッシュカードを預かります」「暗証番号を教えてください」と言われたら、それは詐欺師からの電話です。
すぐに電話を切り、警察に通報してください。

————
※会員情報の変更・退会はコチラ
anzen.police.pref.hiroshima.jp/hpmail/m/u/i/43671583956842925888595776fdb063

広島県警察本部 
生活安全総務課 
特殊詐欺抑止係
082−228−0110