令和2年度の熱中症予防について

令和2年度の熱中症予防

 新型コロナウイルス感染症によるマスクの着用で、例年以上に熱中症のリスクが高まっています。
 マスク着用により、体内に熱がこもりやすく、口の渇きも感じにくくなるので、自覚がなくてもこまめな水分補給が必要です。
 また、自宅でできる軽い運動で、暑さに負けない身体づくりをし、熱中症予防をこころがけてください。

www.city.fuchu.hiroshima.jp/soshiki/sonota/singatakorona/shiminnominasamahe/4869.html