【福山東警察署】警察官になりすます詐欺の被害

 今年4月末、福山東警察署の警察官を名乗る者が福山市内の高齢者方に現れ、キャッシュカードをだまし取るという詐欺事件が発生しました。
 被害者の方は犯人から「この話は誰にも言ってはいけない」などと指示されており、そのために被害の発覚が遅れました。

 犯人の手口は次のようなものでした。
〇福山東警察署の警察官(実在しない名前)を名乗る
〇「あなたの名義でキャッシュカードが不正に複製されている」「口座の残高や暗証番号を教えてほしい」「確認のために警察官を向かわせるのでキャッシュカードを準備しておいてほしい」「電話はつないだままにしてほいてほしい」などと言う
〇被害者の家まで来て、被害者の面前でキャッシュカードを封筒に入れて封をするが、隙を見て別の封筒にすり替えて持ち帰る

 キャッシュカードをだまし取られたのち、ATMで約550万円の預金が引き出されました。

 警察が預金残高を尋ねたり、キャッシュカードを預かったりすることは絶対にありません。まして、「誰にも言ってはいけない」などと口止めをすることもありません。
 もし、同様の被害に遭われた方がいらっしゃれば110番または福山東警察署へ速やかに電話でお知らせください。

  福山東警察署 084-927-0110
  facebookあります
  facebook.com/rose.police1971

————
※会員情報の変更・退会はコチラ
anzen.police.pref.hiroshima.jp/hpmail/m/u/i/43671583956842925888595776fdb063