見守りねっとメルマガ【2020年6月8日号】-コロナ関連 特別定額給付金の手続きを装う不審者が出没!-

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 見守りねっとメルマガ 第347号
      -2020年6月8日- 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

メルマガ会員の皆様へ

今週の見守りねっと情報をご案内します。
高齢者等の消費者被害の防止、見守りにお役立てください。

====================================================

コロナ関連 特別定額給付金の手続きを装う不審者が出没!

====================================================
2020年5月29日 広島県警察本部 生活安全総務課 犯罪情報官速報より

県内で、特別定額給付金の手続を装い、個人宅を訪問する不審者があらわれました。ご注意ください。

【不審者の特徴】
★サラリーマン風で、役所の職員を名乗り
★「コロナ給付金はもらいましたか」 「手続は私に任せて」
★「特別定額給付金の書類を書いて」
などと言いました。 被害者が不審に思い警戒したため、不審者はお金を要求したり個人情報を記載させたりすることなく、立ち去っています。

【だまされないために】
★ 相手が役所や金融機関の職員を名乗って訪問してきても 必ず身分証などを確認しましょう。
★ 少しでも「怪しいな」と思ったら、すぐ警察に通報しましょう。

詳しくは「見守りねっと」ウェブサイトをご覧ください。
www.shohinet-h.or.jp/news/202004_6/20200608_1

======================================================

身に覚えのないマスクや消毒液等の送り付けにご注意ください!

======================================================
広島県生活センター発行 くらしのフレッシュ便 令和2年6月号より

【相談内容】
家のポストにビニール袋入りの不織布マスク 50枚が国際郵便で送られてきた。注文しておらず、差出人にも覚えがなかった。納品書や請求書は入っておらず、差出人欄に国内の連絡先の電話番号だけが書いてあった。不審である。どうしたらよいか。

【アドバイス】
★事前に勧誘の電話などがなく、一方的に商品を送り付けて代金の支払いを請求する手口を 「送り付け商法(ネガティブオプション)」といいます。今回の相談の場合売買契約は成立していないので、代金を支払う義務はありません。
★事業者に連絡をする必要もありません。 商品の送付があった日から、事業者による引き取りがないまま14 日間が経過したときは、商品を自由に処分してかまいません。その後の事業者による商品の引き取りに応じる必要もありません。
★マスクが送り付けられたが、実は同居している家族が通販サイトなどでマスクを購入していたというケースもみられます。通販サイトなどでマスクを購入した際には、その旨を同居している家族に必ず伝えるようにしましょう。

詳しくは「見守りねっと」ウェブサイトをご覧ください。
www.shohinet-h.or.jp/news/202004_6/20200608_2

==============
 お知らせ
==============

◆「見守りねっと」は、こちらからご覧ください。 
  https://www.shohinet-h.or.jp/mimamori/

◆配信の解除はこちらから
 URL  https://www.shohinet-h.or.jp/mmout/
(リンク先が表示されない場合は、お電話でご連絡ください。)

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
特定非営利活動法人 消費者ネット広島
〒730-0017
広島市中区鉄砲町1番20号第3ウエノヤビル3階
TEL:082-962-6181 FAX:082-962-6182
MAIL info2@shohinet-h.or.jp
HP https://www.shohinet-h.or.jp/
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
※ 掲載記事・写真・図表などの複製、無断転載を禁止します。
ご利用をご希望の方は、ご連絡ください。
Copyright 特定非営利活動法人 消費者ネット広島 All rights reserved.