【注意】特別定額給付金の手続きを装う不審者について

 本日、広島市東区において、特別定額給付金の給付手続きを装って個人宅を訪問する不審者が現れましたので、ご注意ください!

【不審者の特徴】
首から名札のようなものを下げた長袖シャツを着た中年男性

【不審者の言動】
広島市東区内の個人宅を訪れ
「特別定額給付金の委任状を書いてほしい」などと言ったことから、家人が不審に思って警戒したため、不審者はお金を要求したり、個人情報を記載させたりすることなく立ち去っています。

【今後予想される手口】
〇「特別定額給付金の手続きのために必要」などと言って、キャッシュカードをだまし取る。
〇書類に名前や口座番号を記載させて、個人情報を不正に入手する。

【被害にあわないために】
〇市役所の職員や警察官などが、特別定額給付金の手続きのために、キャッシュカードを預かることはありません。
〇何のために記載する委任状などの書類なのか、理解しないうちに記載してはいけません。
〇家に来た人への対応は、いきなり玄関ドアなどを開けたりして対応するのではなく、まずはインターホン越しに行うなど慎重に行うようにしましょう。
〇相手が市役所の職員だと名乗って訪問してきても必ず身分証を確認しましょう。
〇少しでも「怪しいな」「おかしいな」「正しいのかどうかわからないな」と感じたらすぐに警察に通報してください。

————
※会員情報の変更・退会はコチラ
anzen.police.pref.hiroshima.jp/hpmail/m/u/i/43671583956842925888595776fdb063

広島東警察署(082-506-0110)