ブレーカー交換名目の詐欺事件の発生について

○日時
令和2年6月25日午後2時頃
○場所
広島市西区
○犯人
青年消防団を名乗る男(年齢30歳代、160〜165センチくらい、やせ型、紺色キャップ帽、白色マスク、黒か紺系の色の上着に中が白っぽいシャツ、黒か紺系ズボン、首からストラップ(氏名や会社記載のもの))
○状況
犯人が被害者方を訪れ、「ブレーカーの交換期限が過ぎているので来ました。」「交換できるブレーカーは2種類ありますが、どうされますか。後日お金は返ってきます。」「後日、工事します。費用は15万円になり、足りない金額は立て替えておくので、あるだけで結構です。」「本日の支払いでないと、お金は返ってきません。」等とやりとりした後、被害者が現金を渡し、領収書を求めると、犯人は「領収を取ってきます。
」と告げ、そのまま逃走しています。

【防犯上のポイント】
○お金の話が出れば、詐欺を疑いましょう。
○家族や近所の方にこの内容を伝え、みんなで詐欺の被害を防止しましょう。
○不審な電話があった時は、すぐに警察へ通報しましょう。

————
※会員情報の変更・退会はコチラ
anzen.police.pref.hiroshima.jp/hpmail/m/u/i/43671583956842925888595776fdb063

広島西警察署(082-279-0110)