特殊詐欺被害の発生【佐伯警察署】

≪ウィルス感染されたパソコンのサポート詐欺の発生≫
————
【1件目の概要】
■発生日時
 7月13日(月)13時ころ
■発生場所
 広島市西区
 (電子マネーカード購入場所は佐伯区管内)
■状況
 被害者がパソコン操作中に、突然画面が切り替わり、「何らかのウィルスに感染しています」と表示されたことから、画面上に表示された電話番号へ架電したところ、犯人から次のような説明をされました。

【手口の内容(文言)】
▼あなたのパソコンはウィルスに感染しています。
▼電子マネーカードを購入すれば、パソコンを綺麗にしてあげます。
↓↓電子マネーカード購入後↓↓
▼電話をカメラモードにしてカードを見せてください。
▼このカードは悪いカードだから、店に返して新しいカードを購入してください。
————
————
【2件目の概要】
■発生日時
 7月16日(木)12時35分ころ
■発生場所
 広島市佐伯区
■状況
 被害者がパソコン操作中に、突然画面が切り替わり、「あなたのパソコンは他人に侵入されていて、排除しないと使用できない」「セキュリティサービスに電話してください」と表示され、さらに犯人から携帯電話に架電があり、次のような説明をされました。

【手口の内容(文言)】
▽犯人の案内通りに被害者にパソコン画面を操作させる。
▼今回の処理と1年間の保証期間で3万円かかります。
▼コンビニで3万円の電子マネーカードを購入してください。
↓↓電子マネーカード購入後↓↓
▽犯人の指示通りに電子マネーカード裏面のアルファベットをパソコンに入力させる。
▼入力にミスがあったので、再度3万円分購入してください。
————
【被害にあわないために】
■サポート保証を、電子マネーカードで支払わせる電話は詐欺です。
■まずは、慌てることなく、画面を閉じ、インターネットケーブルを抜きましょう。
■パソコンにこのようなメッセージが表示されたら、正規のカスタマーセンター等へ連絡しましょう。
■パソコン画面に表示されている電話番号には、絶対に連絡しないでください。
■似たような手口で、遠隔操作ソフトを知らぬ間にダウンロードさせられ、遠隔操作されるケースもありますので、見知らぬソフトがないか日頃から確認しましょう。
■少しでも不審に思ったり、不安を感じたときは、110番通報してください。

————
※会員情報の変更・退会はコチラ
anzen.police.pref.hiroshima.jp/hpmail/m/u/i/43671583956842925888595776fdb063

佐伯警察署082-922-0110