特別定額給付金の手続きに便乗した詐欺に注意しましょう

三次市危機管理課からのお知らせです。

6月末から7月初めにかけて、広島市内で、新型コロナウイルス感染症対策の特別定額給付金の手続きに便乗した詐欺被害が数件発生しています。
【犯人の手口】
・市役所や金融機関の職員になりすまして電話をかけてきます。
・給付金の手続きに便乗して「キャッシュカードが古いため、新しいカードに交換するように」と勧めてきます。
・犯人が自宅までキャッシュカードを受け取りに来ます。
※その後、犯人はだまし取ったキャッシュカードを使ってお金を引き出します。
【被害にあわないために】
・給付金の申請手続きで、市の職員が確認の電話をかけさせていただく場合がありますが、キャッシュカードを預かることは絶対にありません。
・「キャッシュカードを預かる・受け取りに行く」「暗唱番号を教えて」などという不審な電話があったら、すぐに警察に通報してください。

・三次警察署 0824−64−0110
・緊急の際は110番

※給付金の申請手続きでご不明な点がある方は、
三次市特別定額給付金窓口 0824−62−6121
まで、お問い合わせください。

登録内容の変更・配信解除は次のリンク先にアクセスしてください。
raiden.ktaiwork.jp/register/update?aid=1692&uid=55d26226d1e469faacddaebb4eff2dea4d200a73

三次市危機管理課