大型百貨店の店員をかたるアポ電が発生【広島南署】

〇発生日
 7月29日(水)夕方ころ
〇内容
 広島市南区居住の高齢者方に大型百貨店の婦人服売り場店員(サクライ)を名乗る女性から、
 「あなた名義のクレジットカードが不正に使用されている」
 「今後不正に使用されないために、銀行協会に連絡してほしい」
旨の電話があり、銀行協会の電話番号を教示された。
 高齢者が銀行協会に電話すると、
 「カードは利用停止にした」
 「念のため口座残高を確認してほしい」
などという、アポ電が発生しました。
 南区以外でも同種のアポ電が発生しており、今後も、同種内容の電話がかかってくるおそれがありますので注意してください。

★だまされないために★
〇クレジットカードや口座番号等の暗証番号を聞かれても答えないでください。
〇クレジットカードやキャッシュカードは他人に絶対に渡さないでください。
〇不審な電話は直ぐ誰かに相談しましょう。
〇電話機の留守番電話機能も活用しましょう。

————
※会員情報の変更・退会はコチラ
anzen.police.pref.hiroshima.jp/hpmail/m/u/i/43671583956842925888595776fdb063

広島南警察署
電話082−255−0110