ニセのウイルス警告に注意!【福山北警察署】

自宅のパソコンなどでインターネットを閲覧中に、突然ウィルスの感染を警告する画面が現れ、表示された連絡先へ電話を促すといったことが多発しています。
実際に電話すると、多くの場合外国人風の人物が応対し、片言の日本語で「ウィルスに感染しています。駆除に○○円かかります。」
などと代金を請求されます。
本当にウィルスに感染していることも考えられますが、法外な料金を請求される、キャッシュカードなどの暗証番号を聞かれるといったことがあれば、ウィルス対策を名目とした詐欺です。次のことに気を付けましょう。
〇突然の警告画面や警告音に慌てない
〇表示された電話番号に連絡しない
〇電話をしてしまった場合、ウィルス感染が本当かどうか、また代金が適切かどうかよく考える。よく分からなければ一旦電話を切って家族や警察に相談する
〇電子マネーカードで支払えとの指定が多いのですが、クレジット決済や振り込みなど従来の決済に対応しないというなら、詐欺の可能性が高い
〇住所や電話番号などの個人情報を聞かれても、安易に回答しない

またパソコンの動作がおかしいなど本当にウィルスに感染した疑いがあれば
〇無線LANの電源を切る、LANケーブルを抜くなど、ネットワークの接続を遮断する
〇感染の不安がある場合、購入店舗などに相談した上、再インストールを検討する
といった対策をしてください。

福山北警察署:084-962-0110

————
※会員情報の変更・退会はコチラ
anzen.police.pref.hiroshima.jp/hpmail/m/u/i/43671583956842925888595776fdb063