自転車の交通事故が多発!【広島中央署】

 広島市内では、交通事故のうち約4割が自転車が関連するもので、県内(約2割)と比べ突出して多く発生しています。自転車を利用する際は、十分注意が必要です。

■ 自転車乗車時のライト点灯
 夜間無灯火で走行する自転車は大変危険。無灯火の方に確認してみたところ、ライトがない、ライトの故障、電池切れなどの理由が多くありました。自転車乗車時は、ライトの点検を必ず行い、早めのライト点灯を心がけましょう。

■ 自転車の交通ルールを守りましょう
 自転車は車道が原則・歩道は例外。やむを得ず歩道を走る場合でも歩行者を優先し、車道寄りを徐行しましょう。
 
 ただいま広島中央署では、交通事故防止対策の一環として、交通違反をした自転車の運転者を対象に交通指導を実施しています。交通ルールとマナーを守り、『ゆとり』と『思いやり』を持つよう心がけましょう。

————
※会員情報の変更・退会はコチラ
anzen.police.pref.hiroshima.jp/hpmail/m/u/i/43671583956842925888595776fdb063

広島中央警察署
電話082-224-0110