警察を名乗る人物からの不審な電話に注意!

 10月26日、福山北警察署管内に居住される方の自宅に警察を名乗る人物から「詐欺の犯人を捕まえたら、あなた名義の保険証とキャッシュカードを持っていた。家にきちんとありますか。」という電話がありました。
 電話を続けていると警察を名乗る人物が「被害について全国銀行協会の人から説明してもらいますので代わります。」と言ったあと、全国銀行協会を名乗る人物が電話口に出て「あなたの口座が犯罪に使われた可能性がある。あなたの手元に通帳やキャッシュカードがあるなら偽造して犯行に及んだ可能性があるので通帳とキャッシュカードを回収するため、後日家に伺います。」と言ってきました。

〇このような電話は、その後、警察や全国銀行協会などの職員を名乗る犯人が自宅まで来て、キャッシュカードや通帳をだまし取るものです。
〇絶対にキャッシュカードや通帳を他人に渡さないように気をつけましょう。
〇キャッシュカードを渡すように、又は暗証番号を教えるように言われたら注意しましょう。
〇新しいキャッシュカードに交換しますと言って偽のカードを渡され、本物のカードをだまし取られるケースもありますので注意しましょう。
〇不審な電話は、すぐに切り、警察に通報しましょう。
〇一人で判断せず、行動する前に家族、知人、警察等、誰かに相談しましょう。

福山市市民生活課
084−928−1077

————
※利用者情報の変更・解除はコチラ
service.sugumail.com/fukuyama-city/m/u/i/8f2fdcd4c7cd37479da3394aff44106d