鶏肉は中心部までしっかりと加熱しましょう!

市内において,カンピロバクター食中毒が発生しました。

カンピロバクター食中毒の主な原因食品は生・半生・加熱不足の鶏肉料理です。

食中毒の症状は下痢・腹痛・発熱などであり,一般に食べてから1〜7日で発症します。
まれに感染後しばらくして,神経疾患であるギラン・バレー症候群を発症することもあります。

『新鮮だから安全』ではありません!!
鶏肉はよく加熱して,おいしく安全に食べましょう。

食中毒を予防するために,次のことに注意しましょう。
●鶏肉は中心部までしっかり加熱しましょう。(中心が白くなるまで)
●サラダなど生で食べるものとは別に調理しましょう。
●生肉を触った手や調理器具は十分に洗浄・消毒しましょう。

(厚生労働省ホームページ)細菌による食中毒
www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/saikin.html

〜〜〜調理前,食事前,トイレの後はよく手を洗いましょう。〜〜〜

————
※利用者情報の変更・解除はコチラ
service.sugumail.com/fukuyama-city/m/u/i/8f2fdcd4c7cd37479da3394aff44106d

福山市保健所 生活衛生課
電話:084-928-1165