市内で新型コロナウイルス感染症患者を確認

 本日12月27日に広島県から、三原市内で13例目の新型コロナウイルス感染症の患者が確認されたと発表がありました。市民の皆さまには引き続き感染拡大防止の取組へのご協力をお願いします。

※県から発表された情報は、市ホームページで公開しています。
www.city.mihara.hiroshima.jp/site/coronavirus/kansen.html

●感染症患者やその家族などへの誹謗・中傷・差別は絶対にしないでください
●広島県「新型コロナ感染拡大防止集中対策期間」は1月17日(日曜日)までです。感染防止対策を徹底して,年末年始をお過ごしください。
・県外や県内の感染拡大地域(広島市、廿日市市、府中町、海田町、坂町)への帰省や移動は、時期の変更を含め、慎重に検討しましょう。
・マスクを外す機会をできるだけ減らしましょう。飲食中も、会話の際はマスクをつける「マスク会食」を心掛けましょう
・家庭内での感染拡大リスクが高まっています。家庭内でのマスクの着用、換気や保湿、食事の際の食器・箸の共用を避けるなど、家庭内の感染防止対策を心掛けましょう。
・飲食店経営者の方には飛沫感染を防止する対策の強化、事業主の方には職場内の感染予防対策の一層の徹底をお願いします。
●軽い風邪症状であっても、すぐに、身近な、かかりつけ医に電話で相談するか、「広島県積極ガードダイヤル」に相談してください。
TEL 082-513-2567
(24時間対応) 

問い合わせ先 
保健福祉課
TEL 0848-67-6053
(平日8時30分〜17時15分)