令和2年中の交通事故死者数について

 広島県内の令和2年中の交通事故死者数は71人(前年比−4人)で,統計が残る昭和23年以降最少となりました。 

 年間の交通事故死者数を75人以下とする目標(アンダー75作戦)は2年連続の達成となりましたが,今なお多くの尊い命が交通事故で失われています。
 現在,廿日市市と江田島市では,交通死亡事故多発警報が発令されており,年当初から厳しい交通情勢となっています。
 悲惨な交通事故を防ぐため,自動車や自転車の運転者,歩行者がそれぞれ相手の立場に配意し,思いやりの気持ちをもって行動しましょう。

↓広報チラシはこちら(広島県警察ホームページ)↓
www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki_file/police/toukeiinformation.pdf

 また,現在広島県内に強い寒気が流れ込み,広範囲で積雪や路面凍結による交通障害が予想されます。
 悪天候の中やむを得ず車を運転する場合は,速度を控えるとともに「急」が付く運転を避けるなど,より慎重な運転を心がけてください。

↓冬季の事故防止(広島県警察ホームページ)↓
www.pref.hiroshima.lg.jp/site/police/touketsu.html

◇令和3年広島県交通安全年間スローガン◇
「ゆとりある 心を車間の ディスタンス」

————
※会員情報の変更・退会はコチラ
anzen.police.pref.hiroshima.jp/hpmail/m/u/i/43671583956842925888595776fdb063

広島県警察本部
交通部交通企画課
082-228-0110