大雪と低温に関する気象情報について

三原市から,大雪と低温に関する気象情報について,お知らせします。

○西日本の上空約1,500メートルに,氷点下15度以下の強い寒気が流れ込む見込みであることから,広島県では,9日土曜日頃にかけて強い冬型の気圧配置となり,所によっては,大雪となる恐れがあります。
○積雪や路面の凍結による交通障害に十分注意し,電線や樹木への着雪,なだれ,カーポートやビニールハウス等の簡易な建築物の倒壊に注意が必要です。
○また,9日土曜日頃にかけては,気温が平年よりかなり低くなる見込みで,水道管の凍結にも注意が必要です。
○現在,三原市には,広島地方気象台から,低温及び乾燥の各気象注意報が発表されております。

ついては,次のことにご留意ください。
○不要不急な外出は控える。
○水道管の凍結対策を行う。
メーターボックス
布や新聞紙等を詰めたビニール袋を入れる。
露出した水道管
ビニールテープで保温材(布や毛布等も可)を巻き付ける。
○やむを得ず外出する時は,時間にゆとりをもって慎重に行動し,歩行時は,両手を開けて,歩きやすい靴を履く。また,運転時は,冬用タイヤ等の装着,または,タイヤチェーンを携行する。
○今後の気象情報等に注意する。

問い合わせ先
危機管理課
0848−67−6066