1月15日から21日は防災とボランティア週間!!

【三原警察署】

 1995年(平成7年)1月17日に阪神・淡路大震災が発生したことを受け、毎年、1月17日は「防災とボランティアの日」に、1月15日から21日までの7日間は「防災とボランティア週間」となっています。
 この機会に次のことを心掛け、災害時の自主的な防災活動について認識を高めましょう。
○ 危険箇所を把握しましょう。地域のハザードマップを確認し事前に身の回りの危険箇所を把握しましょう。
○ 避難場所・避難経路を考えましょう。災害発生時に全ての避難所が開設されるわけではありません。安全な場所に避難しましょう。また、ひとたび災害が発生すると、普段知っている町の姿は大きく変わり、例えば大雨の時、道路は川のようになってしまうかもしれません。どの経路で、どの避難場所に避難すれば安全か考えておきましょう。
※ 安全な場所:安全な親戚や友人宅・宿泊施設、市や自主防災組織が開設する緊急避難場所、車中避難(エコノミークラス症候群に注意)など
○ 避難行動のタイミングを察知しましょう。避難情報や防災気象情報などを察知するために、パソコンやスマートフォンの他、テレビのdボタンでもご覧になれます。いざというときに必要な情報が見れるよう、普段から操作には慣れておきましょう。
○ 非常持出品や備蓄品を準備するなど災害時に備えましょう。災害が起きたときに慌てずに避難するためにも、日頃から非常持出品などの備えをしておきましょう。
また、大規模な災害が起きた場合、食料などの入手が困難になるおそれがあります。そのような事態に備えて必要な物を備蓄しておきましょう。
三原警察署防災標語
「防災は 日頃の準備の 積み重ね」
 

————
※会員情報の変更・退会はコチラ
anzen.police.pref.hiroshima.jp/hpmail/m/u/i/43671583956842925888595776fdb063

三原警察署 0848-67-0110