【福山東警察署】電子マネーを悪用した特殊詐欺が増えています

 特殊詐欺には,コンビニ等で購入させた「電子マネー」をだまし取る手口もあり,実際に被害が多くなっています。

 具体的には,

 ○ 電話やメールなどで「パソコンのサポート費用を請求します」「有料サイトの使用料が未払い」などと被害者に嘘を言い,コンビニ等で電子マネーのプリペイドカードを購入させる。

 ○ 被害者に購入させたプリペイドカードの番号を電話で呼び上げさせたり,番号の写真を送らせるというものです。

 そうやってプリペイドカードの番号を教えてしまうと,カード自体はこちらの手元にあっても,そのカードの額面分の金額(額面5万円なら5万円分)を相手が自由に使えるようになってしまいます。

 嘘の口実には「パソコンのサポート費用」「有料サイトの未払料金」のほかにも,「出会い系サイトの登録料」「宝くじなどの当選」など多数あります。

 このような費用が仮に存在したとしても,電子マネーで支払を求められるようなことは考えられません。これらの言葉が出たら,「詐欺だ!」と疑ってください。

 また,家族やお知り合いの方がコンビニ等で多額のプリペイドカードを購入しようとしていたら,一声かけて注意を呼びかけてください。コンビニ等のお店でレジに立つ方にもご協力をお願いします。

————
※会員情報の変更・退会はコチラ
anzen.police.pref.hiroshima.jp/hpmail/m/u/i/43671583956842925888595776fdb063

福山東警察署
084-927-0110