ハチミツを与えるのは1歳を過ぎてから

1歳未満の赤ちゃんがハチミツを食べることによって乳児ボツリヌス症にかかることがあります。

ハチミツは,腸内細菌が十分発達していない1歳未満の赤ちゃんにはリスクが高い食品です。

ボツリヌス菌は熱に強いので,通常の加熱や調理では死にません。1歳未満の赤ちゃんにハチミツやハチミツ入りの飲料・お菓子などの食品は与えないようにしましょう。

乳児ボツリヌス症にかかると,便秘,ほ乳力の低下,元気の消失,泣き声の変化,首のすわりが悪くなる,といった症状がでることがあります。ほとんどの場合,適切な治療により治癒しますが,まれに亡くなることもあります。
なお,1歳以上の方にとっては,ハチミツはリスクの高い食品ではありません。

厚生労働省ホームページ「ハチミツを与えるのは1歳を過ぎてから」
www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000161461.html

〜〜調理前,食事前,トイレの後はよく手を洗いましょう。〜〜

————
※利用者情報の変更・解除はコチラ
service.sugumail.com/fukuyama-city/m/u/i/8f2fdcd4c7cd37479da3394aff44106d

福山市保健所 生活衛生課
電話:084-928-1165