交通死亡事故緊急抑止対策の実施について

 広島県内における交通死亡事故が、1月末時点で3人、2月に入り6人が死亡し、さらに飲酒が関係する死亡事故が連続発生するなど、予断を許さない状況です。
 また、新型コロナウイルス感染拡大防止にかかる集中対策の緩和に加え、人の移動が盛んになる時期を迎え、気の緩みによる飲酒運転や交通死亡事故の増加が懸念されることから、交通取締り等緊急抑止対策を実施します。
 市民の皆様、一人ひとりが交通安全意識を持って交通事故をなくしましょう。
○ 対策期間
  令和3年2月19日(金)から2月28日(日)までの10日間

☆ ドライバーの方へ
 ・ 飲酒運転の代償は大きく、取り返しがつきません。絶対に飲んだら乗らない。
 ・ 速度は適正に!夜間は特に、控えめな運転を行いましょう。
 ・ 横断歩道は、歩行者優先です。
 ・ 早めのライト点灯、ハイビームを活用しましょう。
☆ 歩行者の方へ
 ・ 薄暮時間帯の事故が多いので、反射材の活用、用事はなるべく日中に行いましょう。
 ・ 横断は、左右の確認、横断歩道を渡りましょう。
 ・ 歩行者も交通ルールを守りましょう。

————
※会員情報の変更・退会はコチラ
anzen.police.pref.hiroshima.jp/hpmail/m/u/i/43671583956842925888595776fdb063

三原警察署(0848-67-0110)